Q&A

Q. ビーチシュノーケルとは?

A.  浜から海に入りシュノーケルをすることです。足のつく場所から泳ぎ始めますので不安感が少なく初心者やお子様には特におすすめです。

また船に乗りませんので船酔いの心配もありません。お客様の中には船でシュノーケルツアーに参加したが「船酔いで楽しめなかった」「深い場所が怖かった」などの経験をされた方もいらっしゃいますが、ビーチシュノーケルツアーなら皆様楽しんでお帰りになられます。

Q. 泳げなくてもツアーに参加(シュノーケル)できますか?

A. 「絶対に沈まないから大丈夫です。」「出来る人はそう言うんだよ。」~「ほんとに大丈夫だったよ」お客様との実際にあった会話です。

今までに多くの泳げない又は初めて泳ぐとのお客様をご案内してきました。

 シュノーケルツアーでは、ライフジャケット(着る浮力体)を装着し水面に浮いたまま遊びます。そして不安のある方には僕がいつも引っ張って泳いでいるフロートにつかまっていただき移動します。(フロートにつかまっているだけでかなり安心するようです。)

「足の届かない場所で初めて泳いだ」「いつもそばにいてよく見てくれたので安心した」「もっと早くやってみればよかった」

「こんなに長い時間泳げたのは初めて」 など自分で書くのは恥ずかしいですが沢山のお言葉を頂いています。

不安があってもやってみたいと思う方ぜひチャレンジしてみてください。世界が広がります。

それでも不安と思う方、体力に自信がないのでツアー中に早く上がりたくなってしまうかもなどのご心配があるかたは、貸し切りシュノーケルツアーを選んでいただけるとより楽しんで頂けると思います。

Q. シュノーケルをしてたら気持ち悪くなってしまったのですが?

A. 波酔いだと思われます。車や船で酔いやすいかたは体質的に波酔いになりやすいと思われますので、参加申込書に記入をお願いいたします。

波酔いにならないようにするにはいくつか方法があります。

・体調を整えて~前の日睡眠をきちんととって、お酒も控えめに。シュノーケルの前の食事も食べすぎないようにしましょう。

・酔いやすい方は酔い止めを飲むのも効果があります。

・その日の一番穏やかなポイントに行きましょう(僕の仕事です)。

・調子が悪い時は遠慮せずに早めにガイドに知らせてください。

Q. 雨が降っていてもツアーを行いますか? 

A. ツアーに支障のない程度の雨ならば開催いたします。

ツアーが中止となってしまう1番の理由は波が高いことですが、開催場所を変更することによって中止となることが防げます。

また、雷や豪雨などによっても中止となりますが、島の天気は変わりやすいため判断がツアー直前となってしまうこともあります。

完全に中止となるのは、開催決定時に暴風警報または波浪警報が発令されている場合です。

海況が悪い場合には当日、電話でお客様とご相談させて頂きます。

Q. 宮古島のビーチシュノーケルではどんな魚が見られますか?

A. まずはみんなが見たいニモ(カクレクマノミ)、サンゴに住んでいるスズメダイの仲間、うちの看板イラブチャー(ブダイ)、黄色い尾のチョウチョウウオ達、

オスが派手なベラ、様々なかわいい幼魚たち、フグの仲間たち、ハギ達、カワハギ達・・・・場所によってはウミガメや大きなフエダイや大型のアジなど数えきれません。

シュノーケルツアーお魚図鑑にて見られる魚の写真が紹介されています。

Q.  ウミガメが見たいのですが・・・

A.  通常のビーチシュノーケルツアーでは、ポイントの選び方として「なるべく穏やかなポイント」が第一の基準になりますので、どうしてもウミガメがいるポイントに行きたい場合は貸し切りツアーをお選びください。通常のツアーでカメのいるポイントに行くのは大潮・中潮の干潮時や北風が吹いた場合が多くなります。

必ずウミガメが見られるか?「魚はどうでもいいからウミガメをと言うポイント」(貸し切りのみ)でしたら、自然の生き物ですから100パーセントとは言えませんが「見られます」と言えます。

Q. ビーチシュノーケルツアーで行くポイントはどこになりますか?

A. 主に新城海岸とシギラ海岸の二つを当日の海況により選びます。どちらも陸のすぐそばから沢山の魚が見られます。

新城海岸は南の風が吹く夏場に行くことが多くなりますが、潮が大きく引く時間帯には浅くなりすぎて泳げなこともあります。

シギラ海岸は北の風 で行きますが、新城海岸より少し深いので、満潮時には波がある又は魚を近くで見られないなどの理由で、潮が引く場合に行くことが多くなります。最近違うポイントも追加しました。あまり人が行かないので海中が自然のまま!

・マスクについて

水中マスクって色々なメーカーのもの、又同じメーカーにも様々なマスクの種類があります。

どんな違いがあるのでしょうか?

イラブチャーズガーデンでは4種類の中からお客様のお顔に合ったものをお貸しするようにしています。

大事なことは顔にフィットして水が入ってこないことです。

当店で多く使用するものがGULLと言うメーカーのマンティスです。このマスクは日本人の顔に一番フィットすると言われ、昔から多くのダイバーに使用されています。(海外の方が使用したときに鼻がつぶれて痛いと言われたことがあります。)

・マスクのフィット感に大切なのが顔を覆うスカートの部分の材質なのですが、シリコン(柔らかく長持ちします)・ビニール系(硬めです型も付きやすい)・ゴム(フィットしますが劣化しやすいです。最近はあまり見かけません)と3種ほどがあります。

何回か使用するなら料金が少し高くなりますがシリコンがいいと思います。

 

    次回へつづく