キツネフエフキ

今日はシギラ海岸で午前、午後とも。午後は少し濁りぎみでしたが潮が満ちてくると段々クリアーになり最後の方はすごーくきれいになりました。

キツネフエフキは沖縄でタマンと呼ばれる魚の仲間で、釣人にも人気があり食べてもおいしい魚です。顔が長い種類のキツネフエフキは「ウムナガー」(面長)と呼ばれています。大きな個体は珊瑚礁にいる魚が持つことがあるシガテラ毒があるかもしれません。食べる場合は十分注意しましょう。

ウミガメは足のつく場所で一生懸命に藻を食べていました。