オヤビッチャ

やっと風も弱くなってきました。干潮時はいつも静かですが、潮が満ちてくると結構うねりが入ってきました。明日くらいにはうねりもなくなりそうです。右の写真の下の方に分かりにくいですが大きな魚がいます。けっこう大きな魚で60cmくらいあると思いますが、シュノーケル中いつも下の方をついて回ります。その下の魚が横から見たもので、ハマフエフキ沖縄ではタマンといい、釣魚として人気のある魚です。

昨日はロクセンスズメダイを紹介しましたが、今日は似た魚オヤビッチャです。なんかかわいい名前ですよね。小学生のころこの名前を気に入ってよく口にしていたことを思い出します。オヤビッチャは背中が黄色いことが多いですよ。って言うかそれしか区別の仕方に使ってはいません。真ん中の大きい魚(イスズミ)の上の方にロクセンスズメダイが1匹いますね。(ロクセンスズメダイの見分け方は昨日のブログで)